ヘッダー

赤ちゃんモデルの収入はどれくらい?

いくら可愛くても大手事務所でないと赤ちゃんモデルは受からない!?

注意しなくてはいけないのは親がタレントでもない限り、昔から芸能界と太くて強いコネクションのパイプがあるような事務所に所属しない限り、赤ちゃんモデルとしてオーディションに応募して合格しデビューしギャラが発生するまでになる可能性はかなり低いということです。

いくら可愛いからと言ってTwitterやインスタグラム、FaceBookなどのSNSに毎日ハッシュタグを付けて投稿しているだけでは、はっきり言って赤ちゃんモデルとしてスカウトされることもデビューできることもないでしょう。

今活躍している子役やタレントは赤ちゃんの頃から芸能事務所に登録しているケースばかりです。

二世や三世のタレントやママタレが自分の子供をもうプッシュしているテレビや雑誌などのメディア業界で、芸能事務所に所属することなくデビューできる確率は応募してもゼロに本当に等しいでしょう。

大手の事務所の無料オーディションを受けるのがデビューへの最短の近道

赤ちゃんモデル募集の事務所へ



赤ちゃんモデルの収入は、所属する事務所の募集によって異なりますが、たいていは数千円程度が2017年では相場だと言われています。

採用されたらどれくらいの収入が得られるのかは、とても気になる点です。

実際の収入は、謝礼は1回の撮影で数千円というのが相場ですので、所属事務所の規模にもよりますが、それでも数千円というような範囲は出ない事がほとんどのようです。

芸能界で活躍しているような有名タレントにでもなれば、1回の出演料が数百万円などの額というのも夢ではありませんが、そうでなければ失敗ということです。

例えば、オムツのモデルのパッケージに1年間採用されたとしても、年間数十万円程度です。

しかも、ギャラを所属事務所と赤ちゃんモデルで分けるためです。

このようにほんのわずかな収入にしかならないというのが現実です。

最初は無料でも将来的な可能性はわかりません。

これは結果的に見れば何よりも最初に挨拶や礼儀などがあります。

厳しいタレント芸能界では学べることもあります。

何事も経験ですから当然ですがかなり沢山あります。

このようにお金以上に大きいという意見もありますので、これは当然のことですが、オーディションへの応募は赤ちゃんモデル募集はまだ自分の意志や考えを持っているかは、実際にはわかりません。

しっかりと安定したレールを引いてあげるのは親になります。

有名子役もスタートやデビューはここからです

経費や支出の割に赤ちゃんモデルの収入は少ない

最初の仕事はきっかけでしかありません

赤ちゃんモデルになるために、多くの親は大きな支出をしていると言います。

例えば芸能事務所の登録料で数万円から数十万円、所属事務所の年会費が数万円から数十万円となります。

オーディションのためにブランド物の服を購入するなどです。

およそ赤ちゃんの為とは思えないほどの大きな出費をしています。

しかし、その割に得られる収入は謝礼でも数千円程度となっており、期待した世界と現実とのギャップを実感し、失敗したと思い1回きりでモデル活動を辞める人も多いようです。

このように、赤ちゃんモデルの場合は、多額のお金をかける結果でモデル募集の仕事をもらっていると言っても過言ではないようですが、実際には「自分の子供がモデルになる夢で親が満足している」というのが現実のため、人気があるのです。

また多くの親が自分が芸能界を目指していたケースが実際には多いようです。

自分が叶えられなかった夢を息子や娘に託しているというパターンです。

キッズタレントになると自分の主張が出てくるので嫌がる子供もかなり多く出てきますが、無料の応募の赤ちゃんモデルのうちはギャラも含めて全てが親の意向になります。

晩婚や高齢化出産により一人っ子の数が増加し一人に掛けることができる金額が増加していることもこのビジネスが2017年現在で人気の理由です。

豊富にある習い事の中の一つとしてタレントになるべく芸能活動を歌や簡易的なダンスなどと共に、いきなり産まれてすぐ親がやらせる家庭もあります。

白髪も可能なパントガール

成功し失敗しないで収入を得る赤ちゃんモデルもいます

活躍している子役の多くは赤ちゃんモデルから

子役タレントとして活躍している人の中には、最初はこの仕事から始めたと言う人もいます。

しかし、こうした成功例は非常に少なく、よほど所属事務所の力が強い暗示を表しています。

規模が大きく、有名タレントが多く所属している企業様ならこのように成功する可能性もあると言えます。

また、芸能事務所の関係者の話によると、幼児のうちはほとんど仕事らしい2017年の募集の内容はないのです。

これは最低でも4~5歳くらいになってからでなければ知名度が上がる希望も、赤ちゃんモデルから無料の応募でなくギャラを稼げる子役になるまで活躍する将来もほとんどなく失敗と言えます。

それでもこの依頼で得た収入は、親権者が確定申告を行う必要があります。

当然の事ながら、子供に税務署へ確定申告をする能力はありませんので、かわりに親権者が行うというのが一般的な普通の認識です。

また、この確定申告はタレントとして収入を得た赤ちゃん本人の名前で行います。

赤ちゃんモデルのオーデションに対しての心得

落選しても特に気にする必要はありません

赤ちゃんモデルの段階で将来どのようにお金はいくらで、ギャラが貰えるようになるかなんて誰にもわかりません。

いくら有名な大手のプロダクションの社長や審査員でも先の事は予想しかできません。

可能性はこれからいくらでもありますし、仮にオーディションで落選したからと言ってその理由が可愛くないからなどでは決してない事を心得ておきましょう。

スポンサーや監督などの意向にハマる子が他に居ただけですので諦めずに何度も募集してみることが大切です。

成功するかどうかはやはり親の努力次第になってくると言っても過言ではありません。

将来的に芦田真菜ちゃんや鈴木福くんのような2017年現在で有名な子役になって、親よりも大きな収入を得る可能性は誰にだってあるのです。

芸能界は非常に競争が厳しく難しいという考えから何もせずにオーディションも諦めてしまう家庭は失敗です。

しかし残念ながら子供や赤ちゃんは自ら判断してモデルに応募する事は無料でも謝礼なしでも出来ないのです。

最初のきっかけを作るのは確実にパパやママになりますのでチャンスの芽を潰す事の無いように、最後には後悔の無いようにすぐに行動に移しましょう。

ほとんどの赤ちゃんモデルのギャラは無料?

大きな会社やブランド以外ほぼ出演料はない

誰もが知っているようなオムツのメーカーや、ミルクなどの乳幼児製品のブランド、子供服などのCMや広告以外の赤ちゃんモデルの募集は、無料で出演料のギャラはほぼないと言っていいでしょう。

謝礼などが出るようなこともありますが、収入として期待できるほどのお金が貰える仕事はなかなかありません。

ほとんどの親が先行投資で自腹を切って様々な赤ちゃんモデルのオーディションに応募している状態です。

しかし、だからと言ってこの段階で諦めてしまえば芸能界への道は更に厳しくなってしまうのも事実です。

子どもをデビューさせたいのであれば、収入はなくとも色々なメディアに露出をさせなければチャンスは広がらないでしょう。

逆に事務所に所属して赤ちゃんモデルとして無料で謝礼なしで仕事をこなしていくうちにCMやドラマや映画などに抜擢されるパターンがほとんどです。

大手以外の事務所とは赤ちゃんモデルの契約はしない

名前も聞いたことがないプロダクションに注意

芸能界に憧れるママや赤ちゃんを騙すような悪徳系の芸能事務所に注意しましょう。

所属している役者や俳優、モデルなどで一人も現在活躍しているタレントがいないような事務所には登録するだけ時間の無駄です。

また収入を得るどころか登録料や講習レッスン費用などを最初にお金を支払わせる場合があります。

アイドルなどでも同様ですが基本的には新規で立ち上げたような会社はどうでしょうか。

この種類の雑誌にしろTVにしろどの媒体に対してもコネクションが薄く仕事も少ない状態です。

オーディションなどでも実績がない事務所に所属しているというだけで一次審査に合格したとしても最終的に落とされてしまうケースはよくあります。

ギャラだけでなく赤ちゃんモデル募集2017年の無料オーディションだけでなくキッズにも伴って同じことが言えます。

大きなプロダクションや事務所のオーディションは応募する親が多いのでライバルも多いですが、ここでは有名な子役が所属しているため、まずバーター出演や学園モノでエキストラとしても使ってもらえることがあります。

いずれにせよ収入を得るためには何かに採用されなければならないのですから、可能性が高い方を選択しなければ失敗をしてしまう事になります。

こうして本人が内容の交渉はベビーモデルはできませんので、これは親御さんが道を作ってあげる必要があります。

このページの先頭へ