赤ちゃんモデルになるための費用はどれくらい

基本的にオーディションは無料です

赤ちゃんモデルになるための費用は、意外に高額と言えそうです。 所属する事務所によって異なりますが、思いのほか高額で年間数十万円かかると言う点だけは共通しています。 我が子をタレント募集をしたことのある人たちによると、ほとんどの場合が登録料という名目で最初に数万円を支払っています。 その他にも、年会費(登録継続料)として数万円から数十万円という多額のお金を支払います。 また、レッスン料や施設利用料などとして、さらに数万円必要になるなど、親よりもお金を稼げる一流になるためにはさまざまな経費が、ここでは必要になる事がわかります。 このように、所属事務所の規模によってもその金額は異なります。 しかし、こうして年間数十万円の費用が掛かる事は間違いありません。 これはただ、中には格安の事務所もあるようですが、将来性や本当に仕事がもらえるのかといった面ではどうでしょうか。 やはり、こういった不安要素が大きいと言えます。 これだけ世間でブームとなり、かなり大流行している今、お金をかけずに営業活動をしてもらえるかといったら、やはりどうしても疑問視せざるを得ないのです。

費用対効果の高い赤ちゃんモデルの仕事は頻繁にない

大手事務所を選択するようにしましょう

登録料や年会費など高額な費用を支払っても、必ず仕事がもらえるわけではないと言います。 中には、ここに登録し年会費を支払い続けているものの、1度も仕事がもらえた事がないという人もいます。 しかし「せっかく支払ったんだから」「もしかしたらもうすぐ糸口である仕事の依頼が来るかも」のようなものです。 かなり、もったいないという意識や期待感に付け込んだ悪徳事務所が存在している事も確かです。 このような悪徳事務所では、手当たり次第に「赤ちゃんモデル募集」という言葉を使ってスカウトを行いましょう。 これは登録料や年会費等の費用を集める事で事務所を運営していると言います。 結果的には「可愛い赤ちゃんですね」と街中で声を掛けられたとしてもなのです。 自分の子だけでなくどんな子にも同じように声をかけている現実があります。 実際にはこういった現実には実体のない芸能事務所の運営のためにさまざまな名目です。 必然的にお金を支払わなくてはならなくなるなど、浮かれていられない現実がそこにはあるようです。

意外にかかる赤ちゃんモデルの交通の費用

仕事が増えるまでは出費もかさみます

赤ちゃんモデルになり、カメラで撮影が行われる際、随時交通費を支払ってくれる会社とそうでない会社があります。 たいていは交通費を払ってくれないため、自己負担分は意外に大きくなる傾向があります。 また、報酬がその分高額なら良いのですが、この内容では数千円が良いところなのです。 結局は費用と差し引くとトントンといった所になります。 それでも確率的には年末ジャンボの宝くじを買うようなものになりますが、有名タレントとなる可能性は活動をしていれば少なからずあります。 もちろん、そのためには我慢は仕方がありませんが、これが子供が意思が出てきたら近所の友達と遊ぶことや学校などを特に最優先するようになるかもしれません。 すぐに諦めてしまうのも問題ですがプレッシャーなどを掛けすぎて精神的に苦しめることは避けましょう。 親が厳しく教育していると伸びるケースもありますが、すぐに嫌になってしまったり拒否反応が出て来てしまう事もありますので注意をしなくてはいけません。 子供をタレントにするかしないかのきっかけを作るのは親ですが、ここの募集に費用を掛けたからと言って無理をさせるのは教育的にもいい方向ではありません。


このページの先頭へ