オムツのCMに赤ちゃんモデルとして出演するには

ムーニーやパンパースなどが人気です

オムツのCMに出る赤ちゃんモデルになるには、まず最初に芸能事務所に所属する必要があります。 芸能事務所で契約した上で、CMに出るためのオーディションを受け、合格すれば赤ちゃんモデルとして起用される仕組みです。 CMなどに出てくる赤ちゃんモデルに、自分の子をと考える人が最近特に多くなってきています。 AKBなどのようなグループや子役タレントの影響もあります。 これは誰でも芸能界に入る事ができてしまう時代になったためと言えます。 つまり、パッケージを見て家の子の方が可愛いと感じているパパやママは、実際は少なくないようです。 しかし決定的な差がありますので、それはオーディションを受けて事務所に所属しているかどうかです。 基本的には変わりはいくらでもいますし、ほっておいてもオムツの会社に何万通の応募がある世界です。 積極的に動いていかなければ年齢的にあっという間に時期は過ぎてしまいます。 そして、気が付いたらすぐに募集しておかなければ、結局の所で、どう頑張っても、実際にはこれは間に合わなくなってしまいます。 大手メーカーのオムツのCMから有名な子役になっているタレントはどこの事務所にも、現場には少なからずいます。 もちろん最初のきっかけは当然のことながら両親のママやパパです。


オムツの赤ちゃんモデルから芸能界へ

現場での経験が重要になってきます

オムツのCMに赤ちゃんモデルとして出演し、活躍していくためには可愛いだけではいけないようです。 「うちの子は可愛いから赤ちゃんモデル募集に」と考える人も多い現代ですが、現実はそれだけでは通用しないと言います。 成人タレントや子役タレントのように演技をするわけではないためです。 見た目の可愛さを求められる事もありますが、現場ではそれ以上に大切な事は「泣かないで人見知りをしない」事だと言われています。 家族以外の人にだっこされても泣かないで笑顔でいられることです。 このように知らない場所に行っても泣いたりぐずったりしない、この競争の激しい業界で末永く活躍するためには、こうした点が最も重要なのです。 「可愛い」という親の欲目や、一般論とは異なり感じ方の違いのために見る人によっては「?」となるような雰囲気や外見ではないのです。 万人に共通して見える効果である「笑顔」がいつでも出る事の方が大切なのです。 統計データを見るとしかしこれはオムツの媒体に限らず教えるものではなく、こうして、たくさん触れ合ってあげることが大切で無理やり作ることは良くありません。

雑誌などからオムツの赤ちゃんモデルに応募する

有名な子役もきっかけはオーディションです

オムツのCMなどで活躍する赤ちゃんモデルになるためには、芸能事務所に所属するだけでなく、育児雑誌などによくある募集広告から申込する方法もあります。 いわゆる一般応募と呼ばれる方法ですが、合格して採用となる可能性は他の方法と比べて非常に低くなります。 というのは、一部ではCM製作関係者の子供が採用される可能性が高い、コネが必要などという説がささやかれているためです。 とは言え、大手の芸能事務所に所属する方法よりも手軽で、誰の目にも触れる募集広告の為、一般の人には応募しやすく、敷居の低い方法として支持されています。 ただし、対価としての報酬は数千円である事がほとんどで、有名タレントのような稼ぎを期待する事はやはり到底できません。 また、オムツの広告の撮影の際の交通費などを出してくれる会社も少ないようです。 収入を得る事が目的だった場合、期待外れに終わる事が多いだけでないのです。 その都度自腹で交通費を負担しなければならないため、「オムツのCMに出た」という満足感だけが得られる結果となる場合が多いと言います。

このページの先頭へ