ヘッダー

赤ちゃんモデルを募集している雑誌の紹介

たまひよには常時掲載されています

赤ちゃんモデル募集が掲載されている雑誌には、常時さまざまなものがあります。

ただ、タイミングによっては募集が終了している事もありますので、詳しくは募集が掲載されている雑誌で確認する事をお勧めします。

1.ひよこクラブ
:言わずと知れた、モデル募集が無料で掲載されているような代表格です。

特に制限はありませんが、申込できるのは0歳から2歳くらいまでの赤ちゃんとされています。

応募時には、できるだけ最近の写真(3か月以内が妥当)を付属の用紙と共に郵送する事になっています。

2.たまひよこっこクラブ
:同じく募集が掲載されている雑誌の代表格です。

つまり同じベネッセから出ている同系列ですが、申請できるのは2~3歳くらいとされています。

ひよこクラブと同じく、最近の写真と専用の用紙を郵送する事で応募できます。

3.たまひよいちおし本舗
:年に2回発行される育児幼児を育てる親のための雑誌です。

上限と下限は0歳から3歳くらいまでとなっていますので、これは有名な大手のベネッセコーポレーションではやはり最近の写真と雛形の用紙を自宅から郵送する事で可能です。

もちろん競争率も高いですが、タイミングや運も大きく左右しますので、これは実際は表紙に載っている写真を見て自分の子と比べてイケるんではないかと感じているパパやママは結局は実際多いようです。

しかし実際にそこからオーディションなどの雑誌の募集に直接行動を映した人は少ないでしょう。

このようなアンケートを見るといくら可愛くてもルールに沿って早急に手続きをしなければいけませんし、これは運がよくても採用される可能性はゼロです。

主婦の友社の人気雑誌ベビモ

掲載に対しての採用基準がなくパパママも募集

1.baby-mo
:「ベビモ」と呼ばれる事が多い、読者の赤ちゃんモデル募集が掲載されている種類の人気の定番の雑誌です。

対象年齢は0歳から2歳くらいまで、雑誌に綴じこまれている応募用紙に、幼児とママの写真を添付して郵送します。

また、baby-moでは、ママだけでなくパパも一緒の写真が人気となっているようです。

2.赤ちゃんグッズパラダイス
:年に数回しか刊行されていないためです。

あまり知名度は高くありませんがモデルの募集は行っています。

対象年齢は0歳から3歳くらいまでと一般的にされております。

これは専用の用紙は特にないため、写真を自腹で郵送すれば応募できます。

赤ちゃんグッズパラダイスは、無料で採用の基準が特にないのです。

誰でも、どんな人でも運で合格する可能性が本当にあるためです。

とても、これは人気があります。

また、赤ちゃんモデルの雑誌の一般公募は幼児だけでなくパパやママも読者モデルとして活躍する事のできる表舞台に立つ大きな希望のチャンスが、ここでは少なからずあるようです。

赤ちゃんモデル募集は雑誌だけでなくWEBやアプリも

WEARなどのアプリやZOZOTOWNなどもチェック

何もテレビのCMや雑誌の一般公募だけが赤ちゃんモデルの媒体ではありません。

今の時代はそういった点でSNSやアプリだけでなくWEB媒体も無料でかなり多くありますのでチェックしましょう。

雑誌よりも遥かに今ではみられる機会も多くなっています。

更に、窓口も広くなっていますので応募したもの勝ちのような状況です。

赤ちゃんモデルの募集は雑誌だけでなくGAPやユニクロやしまむらなどのブランドのホームページも忘れないようにチェックしましょう。

どこにチャンスが転がっているのかわかりませんので、情報をいち早くゲットした方が有利になります。

ベビーモデルの公募を雑誌やネットで探す

公募でもチャンスはかなり低い

一般的にベビーモデルの公募は逆に乳児や幼児を育てる親への広告の意味合いもあると考えて良いでしょう。

オーディションとは言え申込みをする際には例えば洋服なら着用していた方が良いですし、ブランドやメーカーのことを何も知らないではいけないという心理が働きます。

そういう意味でも雑誌やネットでベビーモデルの公募がある時はプロモーションの兼ね合いもありますので、チャンスは低いと言えるのではないでしょうか。

有名な会社であればあるほど、問い合わせは多くあります。

それを踏まえると雑誌での公募の申込みをするならオーディションは出来る限り競争相手が低い所を狙うのが良いのではないでしょうか。

赤ちゃんモデルが表紙の雑誌やフリーペーパー一覧

  • コドモエ
  • たまごクラブ
  • ひよこクラブ
  • Baby-mo
  • nina’s
  • tocotoco
  • 母の友
  • 月刊クーヨン
  • 赤ちゃんとママ
  • SESAME
  • AERA with Kids
  • mamagirl
  • 赤ちゃんbonjour ach
  • BabyPedia
  • 育児情報誌miku

リクルート社の通販でも話題の雑誌、赤すぐ

通販のWEBサイトにも赤ちゃんが掲載

1.赤ちゃんのためにすぐ使う本
:「赤すぐ」と呼ばれている育児雑誌のオーディションです。

偶数月発刊の育児雑誌で、赤ちゃんモデルも募集しています。

対象年齢は0歳から3歳くらいまで、本誌に綴じこまれている無料の専用応募用紙を使いましょう。

ここでは本人の写真と、家族が一緒に写っている写真の合計3枚以上を同封して郵送する事で申し込みは完了です。

また、表紙の赤ちゃんモデルへの応募の場合は1歳未満のみが対象となっています。

子育てをしているとあっという間に時間が経ってしまいます。

気が付いた時に写真を撮って楽しみながらチャレンジしてみましょう。

仮に引っ掛かったとしても撮影の時には年齢制限で一歳になってしまうと断られてしまう事もよくあります。


赤ちゃんモデル募集で得るギャラや収入!応募で失敗しないために

このページの先頭へ